里山川海を歩く ライター新美の活動記録

名古屋を拠点に水産のいろんな世界を歩き見て、ひとの営みや暮らしを伝えています

ウナギ供養と放流行事を行う 三重・津うなぎ専門店組合

〈『日本養殖新聞』2022年9月15日号寄稿〉

うなぎ専門店組合(上原正広組合長)は8月29日、同市内でウナギ供養を行い、その後に放流行事を実施した。

行事は、組合に加盟する「はし家」「新玉亭」「大観亭支店栄町本店」「両口屋」の四店舗によって行われ、三重県地域活性化に取り組み、津のウナギ食文化の発展に向けて同組合の活動を支援している「FAMIE」の関係者も参加した。

供養は、午前中に寿町の真宗高田派・本徳寺であり、仏前にウナギが供えられ住職が読経し、参列した組合員らが手を合わせた。

その後、同市内を流れる岩田川の河口付近で、用意した養殖ウナギの成魚を放流した。

同組合では、60年以上前より、毎年この時期にウナギへの感謝の思いをこめて供養と放流を行っている。

ウナギを扱う専門店が多い津では、独自のウナギ食文化が発達している。安くておいしいのが当たり前で、中高年から若い女性や学生まで、幅広い世代の市民がウナギ料理に親しむ食習慣が形成されている。

ウナギの消費が旺盛な津。なぜこれほどウナギが好まれるのか。かつてこの地で養鰻が盛んだったということが一般的な定説として定着しているが、津藩主であった藤堂高虎が夏場にウナギを食べることを奨励したという逸話も残っており、この地とウナギの歴史の深さを想像させる。

2006年には、市民の有志らによる「津ぅのうなぎプロジェクト」が生まれ、市内のウナギ店の協力を得て店舗を紹介する無料ガイドを発行するなど、ユニークな活動が展開され、津のウナギが注目を集めた。

同組合は、過去にFAMIEの協力を得て、親子を招いたウナギの放流や勉強会を開催し、市民との交流を図ってきた。コロナ禍が早く収束し、市民とウナギを結ぶような催しが再開され、津のソウルフードであるウナギ食文化のさらなる発展が期待される。

【新美貴資の「めぐる。(123)」】小さな宇宙に驚く 川の生き物を観察して

〈『日本養殖新聞』2022年9月15日号寄稿〉

以前にミジンコを採取し、観察したことを書いた。普段の私たちが目にすることのない、人間とはスケールの異なる世界への興味が尽きない。

残暑の厳しい昼下がり、重いペダルをこいで、町の近くを流れる香流川(かなれがわ)に向かった。流路がわずか十数キロの小さなこの川は、両岸の大部分がコンクリートで固められ、排水路のような単調な流れが連続する、どこでも見られるような都市河川である。

その中流域に、周辺からの排水が流れ込む、流速のゆるやかな浅い所があり、生き物を観察する絶好のポイントとなっている。ここから小さな生き物たちの世界をそっとのぞいてみよう。そして、この川のどこかにきっといるはずのウナギについて想像したいと思った。

目的の場所に着いた。川に沿って走る道路の下にぽっかりと口を開いた暗渠。そこから水がこんこんと現れ、10メートルくらいの幅がある河原を蛇行しながら下り、本流に注いでいる。こんなに短い距離の間にも、早瀬やよどみによる流れの緩急があり、水深もくるぶしくらいから腰がつかりそうな所まである。

この小さな水域に、どんな生き物が暮らしているのだろう。わくわくしながらひんやりした水の中に足を踏み入れ、岸辺を覆う草の下に網を伸ばしてみた。引き寄せた網の中で何かが動いている。初めて見るコオイムシだ。さらに進むと、突然の来訪者に驚いたオタマジャクシが慌てて泳ぎ回る。足もとでは、トンボの幼虫のヤゴが、気配を消すようにじっと身構えていた。

川底から、握りこぶしくらいの石を拾い上げて観察してみた。表面に濃緑な藻のようなものがびっしりと生えて、触るとヌルヌルしている。裏側には、カゲロウの幼虫、赤や黒のヒルらしきものが付着していた。殻の透き通った巻貝の赤ちゃん、海にいるヒザラガイのような小判の形をした不思議な生物も見つけた。

川底の石には、日の光を受けて藻が生える。石と石の隙間には、落ち葉や生き物の死骸などが堆積する。水の中で暮らす小さな生き物にとって、川底に眠るたくさんの石は、餌を恵んでくれるだけでなく、天敵から隠れ、流されないよう身を守ってくれる、ゆりかごのような存在なのだろう。

水の中に生きているのは魚だけではない。昆虫、貝、植物、微生物など大小の様々な姿かたちをした生き物が無数に存在している。それらが、陸域で暮らす者も含めて、食べたり食べられたり、利用したり依存されたりする多様な関係のなかで共存し、世代交代を繰り返している。一つひとつの個体が、他者と複雑に絡み合い、一定の調和の下に生態系が成されているのだ。

この日は、他にもカエルやアメンボの仲間、カワニナアメリカザリガニなどを確認した。私が時々訪れるこの場所は、たくさんの惑星からなる小さな宇宙なのだ。こうした環境が、食物連鎖の上位にいるウナギを支えている。多くの生き物の姿を目の当たりし、この川のどこかにいるはずのウナギを思い、たくましく生きている様子を頭の中で描いた。

初めてみたコオイムシ。体長は2センチくらいあった

各務原市の生涯学習「おもしろ楽習教室」で講師を務めました

8月20日岐阜県各務原市が行っている生涯学習の前期講座「おもしろ楽習教室」で講師を務めてきました。「かつお節をけずる にぼしの解剖をしてみよう! 水産業とおさかなについて学ぶ」をテーマに、小学4~6年生のみなさんと一緒に楽しく学びました。

講座の内容は、
水産業について学ぶ
②おさかなクイズに挑戦
③「だし」の勉強
③煮干しの観察と解剖
かつお節をけずってみよう
前半は、これまでに私が撮影してきた写真を紹介しながら、「獲る・育てる」「集める・選ぶ・分ける」「作る・売る」までの水産業のいろいろな仕事や場面について紹介。おさかなに関するいろいろなクイズを出題して、考えてもらいました。
後半は、だしについて一緒に勉強。煮干しの観察と解剖では、今回もみんな夢中になって取り組んでくれました。煮干しを使い体のいろいろな部位を確かめ、生き物の体の構造について学びました。カツオの本節やけずり器は、見るのも、触るのも、みんな初めて。一人ひとりにけずる体験をしてもらったら喜んでくれました。
子供たちと交流できるこのような機会は、私にとっても大きな学びで、とても有難い感謝の時間でした。最近は、若い人たちの教育や学習支援に関わってみたいという気持ちがふくらんでいて、学生や小さな子たちと、一緒に生き物を観察したり、川の水の流れをたどって歩いたり、魚の料理を作ったりできたら、きっと楽しい時間になるだろうと思っています。
名古屋の地元のほうでも、このような学習や体験の機会をつくっていけたらと考えています。